椙山女学園大学入試情報サイト椙山女学園大学入試情報サイト

入試案内

ホーム > 入試案内 > AO選抜 > 各学科のめざす教育と選抜方法

各学科のめざす教育と選抜方法

生活環境デザイン学科

学科のめざす教育

生活環境デザイン学科のめざす教育

  • アパレル関連分野、インテリア・プロダクト関連分野、建築・住居関連分野で活躍できる創造力豊かなスペシャリストを育てることをめざしています。
  • 基礎から専門までカリキュラムを拡充し、学生の多様なニーズに応えています。
  • 少人数教育とチームティーチングで一人ひとりの個性を伸ばします。
  • 時代の最先端CAD・情報教育を行っています。
  • めざす分野に進むための具体的な履修科目は、学部パンフレットに記載されています。

生活環境デザイン学科のAO選抜に対する基本的な考え方

  • AO選抜は、あなたの学習意欲と目的意識、能力、そして将来への展望を総合的に評価します。
  • あなたが本学科の教育内容を理解し、その内容とあなたの希望する学習内容が一致することが大切です。
  • 本学科がAO選抜で求める人材とは、将来への目的意識を持ち「ものづくり」に深い関心がある人で、かつ「リーダーシップ、創造性、芸術性あるいは特定の分野における能力などのうちの1つ以上に優れている人」です。

選抜方法

第1次評価(書類評価)

提出された書類により、本学科の教育内容とあなたが学びたい内容とが適合しているかどうかと、これまでのあなたの活動状況がどのようなものであるかを評価します。志願理由書には文字数の制限はありません。任意のA4版用紙片面2枚(2ページ)の範囲で自由に説明してください。写真や図を入れても構いません。なお、志願理由書は3部提出してください。(コピーを含めての提出も可)

第2次評価(視覚表現および文章表現と面談)

視覚表現および文章表現では、当日課される視覚表現(平面)と、その表現意図を説明した文章を評価します。ここではあらかじめ用意したものではなく、2時間のなかで考えたことを表現し、文章化する能力を見ることを目的としています。生活環境デザインに関する課題について、指定された用具を用いて表現することを求めますので、日頃からあなたの周りをとりまく生活環境について関心を持ち問題点を喚起していくことが大切です。
また面談では、あなたの学びたいこと、将来展望、あなたの興味や関心、得意なことなどをお聞きするとともに、あなたから本学科の教育内容などについて質問していただき、あなたと本学科との適合性を話し合います。

国際言語コミュニケーション学科

学科のめざす教育

国際言語コミュニケーション学科のめざす教育

国際コミュニケーション学部は、21世紀の国際社会に向けて、自分の主張を表現したり自分たちの文化を発信できる人材を育成したいと考えています。
学部には2つの学科がありますが、国際言語コミュニケーション学科では、外国語(英語と、ドイツ語かフランス語の2言語)の実践力を鍛えるとともに、異文化理解を深めることにより「外国語コミュニケーションのプロ」を養成します。

国際言語コミュニケーション学科のAO選抜に対する基本的な考え方

本学科のAO選抜では次のような人を求め評価します。

  • 異文化への関心と理解
    • 異なった文化に興味をもち、異文化に適応するカを身につけたい人
    • 自分が経験していない新しいことに、チャレンジする意欲のある人
  • コミュニケーションヘの意欲
    • 外国語(英語やドイツ語、フランス語)で世界の人々に自分を表現したい人
    • 外国語を学び、異文化圏の人とのコミュニケーションをしたいと思う人
  • プレゼンテーション能力
    • 自分の意見や考えを持って自らテーマを設定し、自分を表現したい人
    • 設定したテーマにそって効果的なプレゼンテーションをしたいと思う人

選抜方法

第1次評価(書類評価)

提出された書類により、あなたがこれまでに学んできたことや過去の体験、本学科の教育方針の理解度、学びの姿勢や意欲を評価するとともに、本学科の教育目標やその内容が、あなたの志望や適性に合ったものであるかを判断し、評価します。

第2次評価(プレゼンテーションと面談)

  1. ガイダンス...10~15分程度、教員が個人面談の内容と方法について説明し、志願者のみなさんからの質問にお答えします。
  2. 個人面談...はじめに、みなさんがあらかじめ準備してきたプレゼンテーションを行ってください。1人5分程度の英語での発表です。テーマは自分で自由に設定してください。
    なお、発表には模造紙(B紙:788mm×1091mmのサイズ)1枚を使用していただきます。B紙は横長にして使い、そこに発表内容の要点(文字はすべて英語で記入すること)や、写真やグラフ、図表などの視覚的資料を貼り付け、それを見せながら英語でプレゼンテーションをしてください。みなさんの発表の後、教員からさまざまな質問を英語と日本語でしますが、みなさんも学部・学科などについて質問をしてください。

表現文化学科

学科のめざす教育

表現文化学科のめざす教育

現代社会で最も求められているのは、人と人とをつなぐコミュニケーションの力です。表現文化学科では、「世界の中の日本」をモットーに、古代から現代にいたる先人たちの表現活動を学び、また自ら実践することで、複雑化した現代社会を生きるための、適格な表現能力を身につけた学生を育てたいと考えます。

表現文化学科のAO選抜に対する基本的な考え方

本学科では多種多様な授業を提供していますが、基本は言葉によるコミュニケーションです。広く言語をはじめとする表現に強い興味を持っているかどうかを、書類と面談で審査します。また、AO相談会に少なくとも1回は出席してください。

文学・芸術・文化に関心がある人

文学のほかにも、歴史・哲学・美術・音楽・演劇・映画・マンガ・アニメーション・身体パフォーマンスなどの表現に興味のある人を求めています。

表現への意欲のある人

何かを表現した経験のある人、自己表現をしたいと思っている人を求めています。大学の勉強の中心は言語ですが、応募は言語以外の表現でも意欲があればOK。文化創造に興味のある人、教えることに意欲のある人、博物館などの展示に興味のある人など、斬新なアイディアを提示してみたいと思いませんか?

選抜方法

第1次評価(書類評価)

提出された書類により本学科に適性があるかどうかを見ます。また興味関心がどこにあるかを「志願理由書」によって判断し、面談担当教員の選択の参考としますので、自分がこれまでやってきた、これからやりたい文化的活動についてしっかり書いてください。

第2次評価(プレゼンテーションと面談)

複数(3人程度)の教員との面談です。あなたの発表と相互理解を深めるための質疑応答、あわせて30分ほどです。まず、5~10分ほどの発表をしてください。いわばあなたの自己PRです。これまでにやってきた文化的活動、表現活動、あるいはこれからやってみたいと思うことについて、自由に語ってください。創意にみちた、しかも具体的な自己表現を期待しています。学業も立派な文化活動です。学業優秀と自負する人は是非トライしてみてください。
発表のあと、あなたがこの学科でどのように勉強を進めていくかについて、質疑応答を行います。学部のパンフレットをよく読み、また、説明会やオープンキャンパスに来て教員の話を聞くなどして、学部学科の授業内容を前もってよく調べておいてください。あなた自身が将来何をやりたいのか、何に向いているか、しっかり考えておくことが大切です。

人間関係学科

学科のめざす教育

人間関係学科のめざす教育

人間関係学科は、「人間関係に関するスペシャリスト」になることを目標として教育をします。そのために、

  1. 「人間関係」と「人間」を対象とするさまざまな学問を学ぶ。
  2. 「人間関係」に関する専門的な知織を身につける。
  3. 自分自身を含め自分の周りにある「問題」を発見し、それを自分のこととして考え、「解決するための方法論」を身につける。
  4. そして、こうした知識や方法を身につけることで、人間関係に関する知識と実践力を兼ね備えた「人間関係に関するスペシャリスト」になって欲しいと考えています。

また、本学科のカリキュラムでは、少人数の授業を通じて教員の指導と助言を受けながら、あなた自身の関心にあった履修計画を作成することができます。
あなたの問題関心を出発点として、それに関連する講義を通して、問題関心を深め、ケースメソッドや演習および実習といった少人数教育の場を通して具体的な問題を解決する方法を学びます。そして、当初の問題関心を学問的なテーマに発展させ、そのテーマを追求し展開していくことができます。

人間関係学科のAO選抜に対する基本的な考え方

学力を筆記試験で評価する選抜試験ではありません。

  1. まず、あなたの学びたいテーマや方法について大学でどのように学ぶのか、ウェブページやパンフレット、オープンキャンパス、学校訪問などのチャンネルを通じて収集してください。
  2. それをAO相談会などを通じてさらに深めて行きます。AO相談会では、教員がアドバイスをします。
  3. その内容について提出書類としてまとめます。その内容を、第1次評価で審査します。
  4. 最後に第2次評価では、それまでの成果を口頭発表してください。

人間関係学科では、AO選抜を通して、以下のような学生の入学を求めています。

  1. あなた自身やあなたの周囲の人間関係やそれを取り巻く社会に強い関心を持っている人。
  2. みずから問題を発見し、解決する基本的な能力があり、本学科で学びたいという強い意思がある人。

その上でAO選抜では、あなたの学業・課外活動・社会的活動などの学校内外でのさまざまな分野でのこれまでの活動やリーダーシップを発揮した事例の報告を含め、問題解決能力、プレゼンテーション能力、企画力、実行力などを潜在的な部分も見極めて評価します。
AO選抜に出願を希望する方は、事前に行われるAO相談会に必ず参加し、あなたが学びたいことを本学科の教員と話し合ってください。

選抜方法

第1次評価(書類評価)

提出された書類により、あなたのこれまでの学習成果や学びへの意欲を評価するとともに、本学科の教育内容とあなたが学びたいと考えている内容とが一致しているかを評価します。AO相談会に少なくとも一回は出席してください。その成果を提出書類作成に活かしてください。

第2次評価(プレゼンテーションと面談)

あなたが志願理由書に書いた、「本学科で学びたいテーマ」を「どのように学ぶか」、また「それが卒業後の生き方にどのように結びつくのか」について、あなたがあらかじめ用意した資料等を使いながら1人約10分の口頭発表をしてください。
つづいて、発表についての質疑応答などを含めて、教員との対話を行います。皆さんからの積極的な質問も大歓迎です。本学科のカリキュラムや指導方法、将来の展望などについても対話を進めながら相互の理解を深めていきます。
この過程を通じて本学科で学ぶために必要な基礎学力や学習意欲、問題関心と本学科の教育目標、カリキュラムとの整合性を総合的に評価をします。なお、パワーポイント等のソフトの使用を希望される方は、プロジェクタのみ大学で準備しますので、ノートパソコンなど必要な機材は、当日、各自で持参してください。

心理学科

学科のめざす教育

心理学科のめざす教育

心理学科は、人間と心理をめぐる今日的課題に対して意欲的かつ実践的に取り組む態度及び問題解決能力を培い、人間及び心理に関する広範な知識と総合的な判断力を兼ね備えた人材を養成することをめざします。その具体的内容は次の通りです。

  1. 人間と心理に関する幅広くかつ深い知識を学び、理解する。
  2. さまざまな心理的問題をもった他者を理解し、コミュニケートする能力を身につける。
  3. 人間や心理に関する諸問題を発見し、それらを科学的に分析し、発表する能力と技能を身につける。

また、心理学科では、心理学に対する多様な関心に対応するために、①発達・教育(ひとはいかに人間になるか)、②臨床心理(メンタルヘルスや家族とそのケア)、③行動・環境(身体・文化・環境とこころの関係)の3つの領域を設けて授業科目を配置しています。
1・2年次には、心理学全体及び各領域の基礎的な内容を理解するための「基幹科目」を中心に履修し、2・3年次に各人が探究したい領域におけるより専門的な講義である「発展科目」を中心に履修し、3・4年次に少人数でより具体的・実践的な問題に取り組む「ケースメソッド」「演習」を中心に履修して、4年次の卒業論文に展開できるようになっています。

心理学科のAO選抜に対する基本的な考え方

AO選抜は、学力を筆記試験で評価するものではありません。また、得意な技能や能力だけを評価するものでもありません。あなたの志望と本学科で提供している教育目標やカリキュラムが一致しているのかどうかを重視し、かつ本学科で学ぶための基礎学力や学ぶ意欲などを総合的に兼ね備えているかどうかについて評価します。AO選抜に出願を希望する方は、事前に行われるAO相談会に必ず参加し、あなたが学びたいことを本学科の教員と話し合ってください。

選抜方法

第1次評価(書類評価)

提出された書類により、あなたのこれまでの学習成果や学びへの意欲、社会的活動などを評価するとともに、本学科の教育目標やカリキュラムがあなたの志望や適性と一致しているのかを評価します。AO相談会に少なくとも一回は出席をして本学科の教員と個別に面談を行い、その成果を提出書類の作成に活かしてください。

第2次評価(プレゼンテーションと面談)

以下に示したテーマから一つ選んで、約10分で発表してください。その後、複数の教員との質疑応答をおこない、その内容を評価します。引き続いて、一般の面談を通して、あなたの基礎学力と学習に対する意欲、態度をふくめて、総合的に判断します。発表にパワーポイント等のソフトの使用を希望される方は、プロジェクタのみ大学で準備しますので、ノートパソコンなど必要な機材は、当日、各自で持参してください。

テーマ
  1. 人間のこころの不思議
  2. 思春期のこころの問題
  3. 現代社会におけるこころの問題
  4. 感銘を受けた本
  5. 人間行動の観察と分析

文化情報学科

学科のめざす教育

文化情報学科のめざす教育

本学科では、文化や社会、人間に関するさまざまな事象に関心を持ちながら、情報の視点から人間と社会や文化との新しい豊かな関係を考えていきます。そのため、本学科では、「文化・アーカイブス」「アジア・地域・ツーリズム」「社会・ネットワーク」「情報・コンピューティング」の4つの領域を設けています。「文化・アーカイブス」領域では、芸能や図書、物質文化など文化の具体的な諸相について学ぶことができます。「アジア・地域・ツーリズム」領域では、日本やアジアの地域社会への理解と多文化共生社会において必要となる教養を身につけることができます。「社会・ネットワーク」領域では、社会と組織などの関連について、個人と女性のライフコースを軸に、家族、企業、行政、地域コミュニティ等の組織との関わりを考えます。「情報・コンピューティング」領域では、現代社会からの情報を的確にとらえ、新たに起こる様々な問題を解決に導く応用力とともに豊かな情報社会をデザインする力を育成します。このようにこれらの領域を総合的に学ぶとともに、時間をかけて興味関心を絞り込みながら、情報社会を支える情報通信ネットワークの基礎となる手段や方法の科学的理解に基づいた考え方を習得することもできます。

文化情報学科のAO選抜に対する基本的な考え方

本学科のAO選抜では、学科のカリキュラムを理解できていること、学びたいことやその学び方などが本学科のめざす教育と一致していることが重要です。情報化が急激に進む現代社会を生きるには、情報を自在に活用できる力を身につけ、幅広い知識と豊かな教養や感性、そして、それらを表現する能力が必要となります。本学科での学びを有意義なものにするには、基礎的な学力とコミュニケーション能力、知的な好奇心と将来への夢を持ち、自ら学ぶ姿勢と論理的な思考力を身につけていることが望ましいと考えています。このAO選抜においては、これまでの学業だけにとどまらず、文化・芸術・スポーツ・技術・技能などを含むさまざまな課外活動の成果と経験、挑戦する意欲と目的意識、そして、思考力、問題解決力、将来への展望など、あらゆる資質を総合的に評価します。

選抜方法

第1次評価(書類評価)

提出された書類により、本学科の教育目標・カリキュラムとあなたの志望が一致しているかを判断し、評価します。また、文章の論理構成、表現力等を含めた基礎学力とボランティア活動や課外活動などの活動実績や英語や情報等、各種の能力に関する資格等についても評価します。

第2次評価(プレゼンテーションと面談)

学科教員との面談形式で行い、次の3点を内容に含めた約10分のプレゼンテーションと、その後の質疑応答を含めて総合的に評価する。

  1. 文化情報学科が提供する学びの中から、興味・関心のある事柄について自由にテーマを設定して発表(本学科を志望する背景となった自身の興味・関心にもとづくテーマ発表)
  2. 1で選択した興味・関心のある学びを中心に、4年間どのようなことを学んでいきたいか(カリキュラムを踏まえた自身の学修計画)
  3. 文化情報学科で学んだことを実社会でどのように活用していくか(就職をはじめとする将来のビジョン)

メディア情報学科

学科のめざす教育

メディア情報学科のめざす教育

メディア情報学科は、メディアおよび情報に関心を持ち、とくにメディアと情報が人間と社会におよぼす影響について学びたい人を求めます。
具体的には、メディアと情報を的確に選択、分析、論評し、それらを活用できる能力の修得をめざし、急速に進む情報化社会に対応して問題解決を図ることをめざしたい人に適切な学科です。その学修を深めるため、本学科のカリキュラムには、実践的に活用できる情報収集・分析スキル、および、コンテンツ制作・発信スキルの育成も含まれています。本学科での学修を達成するためには、自身が関心を持つ問題を軸にして、本学科の4つの学びの領域(メディア社会、コミュニケーション心理、メディア文化、ジャーナリズム)と2つのスキル科目群(コンテンツデザイン、データサイエンス)について、バランスのとれた学びの計画を立てることが必要です。

メディア情報学科のAO選抜に対する基本的な考え方

AO選抜では一定の基礎学力があり、本学科で具体的な目標達成をめざして積極的に学ぼうとする強い意志を持っている人を求めます。メディアと情報が人間と社会におよぼす影響について学ぶとともに、自らも適切な情報発信を目指す人を歓迎します。AO選抜に出願を希望する方は、AO相談会に参加し、学びたい内容と本学科のカリキュラムがマッチしているか、本学科の教員と話し合ってください。

選抜方法

第1次評価(書類評価)

志願理由書および高等学校を卒業した者は3年間の、卒業見込みの者は第3学年第1学期(2学期制の場合は前期)までの全体の評定平均値を評価の対象とします。志願理由書は、「学修計画が具体的に示されており、それが本学科の教育内容と一致しているか」について評価します。AO相談会の内容も志願理由書作成の参考にしてください。

第2次評価(プレゼンテーションと面談)

プレゼンテーションを中心とする面談によって、本学科での学修の意欲と適性を評価します。
面談時間は、プレゼンテーションと質疑を含め、1名につき約30分です。

  1. プレゼンテーションのテーマは、本学科の4つの学びの領域(メディア社会、コミュニケーション心理、メディア文化、ジャーナリズム)のいずれかに関わるものであれば自由です。
  2. プレゼンテーションの形式は、PC、パネル、配布資料等、原則として自由です。PCによるプレゼンテーションを行う場合は自分のノートPCを持参し、その画面を直接面談者に提示してください(外部ディスプレイは使用しません)。持参できない場合は、プレゼンテーションの内容を印刷したものでもかまいません。
  3. 第2次評価では、自身の選んだテーマに対する取り組み方、および本学科への入学意欲を評価します。プレゼンテーションの技術を評価するわけではありませんので、プレゼンテーションの形式によっての有利不利はありません。
  4. 詳細は、AO相談会などで質問してください。

現代マネジメント学科

学科のめざす教育

現代マネジメント学科のめざす教育

現代マネジメント学科では、社会科学を幅広く学ぶことによって、社会のあらゆる場において複雑かつ多様な問題に、柔軟に対応できる人材を育てることをめざしています。学習方法にも工夫を凝らし、人間性を育てるための教養教育科目を専門教育科目と並行して学習するほか、社会に出て即戦力となる生きた知識を身に付けてもらうため、社会の第一線で活躍している外部講師による授業やインターンシップなどを積極的に取り入れています。また、豊富なカリキュラムのなかから、企業分野、地域・公共分野、国際分野など自分のめざす進路に応じた履修計画を自由に立てることができるのも魅力です。

現代マネジメント学科のAO選抜に対する基本的な考え方

現代マネジメント学科では、「好奇心旺盛で、何事にも全力で取り組む人」、「どんな問題に対しても自分の意見をもち、表現できる人」、「社会問題に関心があり、問題解決のための行動を起こせる人」を求めています。そのためAO選抜では、筆記試験では測れない多彩な個性・能力を総合的に評価します。

選抜方法

第1次評価(書類評価)

提出された書類により、あなたのこれまでの多様な学習成果、課外活動、社会活動などから、主体性、リーダーシップ性などを評価するとともに、文章構成力や表現力などを含めた基礎的能力について審査し、評価します。

第2次評価(プレゼンテーションと面談)

はじめに、最近興味を持った社会問題のなかから、「企業」「地域・公共」「国際」のいずれかの分野に関して自由にテーマを設定し、10~20分以内でプレゼンテーションを実施してください。この際、必要に応じて資料や道具を使うことができます(予め申し出が必要です)。なお、プレゼンテーションにあたっては、以下の4つの条件を満たしてください。

  1. 上記テーマについてあなたは何を問題とするのかを、はじめに明らかにしておくこと。
  2. その問題とする方向にしたがってテーマの内容を説明すること。
  3. その問題に対してあなたが考えた対策案を具体的に述べること。
  4. 1~3であなたが表明したことを、現代マネジメント学科入学後にさらに発展させるために、どのような勉強をしたいのかについて述べること。

プレゼンテーション終了後、複数の教員とプレゼンテーションの内容に関する質疑応答および一般的な面談を行います。プレゼンテーションと面談により、あなたの企画力、思考力、判断力、問題解決力、実行力などの基礎的能力と現代マネジメント学科での学習に対する意欲や態度を総合的に評価します。合否判定は、第1次評価と第2次評価をもとにして行います。

ページトップへ